<< ボルダリング | main | お題募集はじまる >>
2008.08.25 Monday

不死鳥VSシーサー

0
    それは楽しいはずの旅行だった。
    あんな事さえ起きなければ、


    八月の初旬、僕は長野県白馬で行われた、
    鴎団的フリースタイルスキーの仲間達の、
    ウォータージャンプ合宿に参加してきた。



    ウォータージャンプとは、真夏だというのに、
    ウエットスーツで山に登り、スキー板を履いて、
    人工芝を滑り降り、ぐるぐる回ったりしながらプールにダイブする。
    ちょっと頭のおかしな人達がやるスポーツと言うか、
    あれだ、あれ、罰ゲームみたいなものである。

    後ろ向きで2回転してグラブを入れればそんなに偉いのか?
    えっ!えっ!

    天狗狩りを謳って挑んだものの、全く太刀打ち出来なかったことに
    決して僻んでいる訳ではない。


    その後、温泉に入ってBBQ。
    僕はこの楽しい宴を目当てに来たのである。



    夜も更け、涼しいテラスで美味しいお酒を飲み、
    妄想だけの会話をさんざん繰り返した後、
    やつらは現われたのである。






    不死鳥とシーサーが。




    おれにも少しは自信があった。
    髪の毛は太くて硬く量もあり、今まで何人もの美容師を泣かせた。
    脛毛も、アリンコ数匹ならすぐに作れる。


    そんな事、自慢げに言わなければ良かった、今は恥ずかしくてたまらない。
    世界は広かった、完全に負けた。
    というより、おれなんて足元にも及ばない。
    むしろ、つるつるである。






    胸部に不死鳥を持つ男。



    臀部にシーサーを持つ男。




    それを見た瞬間、目を疑った。
    ある意味タトゥーを超えたアートであり、


    あれは反則である。




    何が言いたいかというと、
    いくら頑張ってもBBSが設置できない為、
    無理やりにでも日記を書いているのである。


    【業務連絡】373さん設置お願いします。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    Selected Entries
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM